秋冬の行事回想、今年を振り返って…

10月の投稿以来、とうとう年末になってしまいました(汗)。

前回の投稿にあったように、11月は秋田でのイベントや主宰教室のピアノ発表会があり、12月はクリスマス関連のライブが都心や高知県で…レッスンや事務的なことも消化しつつ、あっという間にこの暮れの日まで来てしまいました。。。本当に時の経つのは早いものです。

d0077319_18503673.jpg
11/9に行われた秋田での舞踏イベント『「私」の病める舞姫』(@秋田・さきがけホール、写真は土方巽記念秋田舞踏会実行委員会より転載)は、"超"短期間での稽古や準備にもかかわらず、出演者たちの熱意によって考案者であるダンサー島さんの意向(土方の回想手段をなかば踏襲する形で、彼や秋田在住の出演者たちが感じる世代観や秋田への思い)を表現できたのでないかと思います。

私もBs.澤田君(mot_trio)もそのバックで音楽にてサポートできたことは大変有意義でしたし、個人的には今回はじめて構成・演出にも携わることができ、貴重な時間を過ごすことができました。

(だいぶ時間が経って申し訳ないですが)この場を借りて関係者の皆様に改めて感謝の意を…ありがとうございました^^!


そして、11/23に行われた今年で3回目となるピアノ発表会も、生徒の皆さんの日頃の練習成果を十分に発揮していただけた会として、無事に終了する事ができました(詳しくはスクール専用のブログにて)。


12月も日頃のレッスンの合間に、クリスマス関連のライブや年末総決算的ライブでワタワタしてました。

中でも12/19に行われたSax.鍬田君の毎年恒例のクリスマスコンサートin高知・南国市は、車での往復大移動(今年は往路、名古屋付近での大雪に見舞われてしまい大幅に時間がかかってしまいました…)、本番を終え翌朝から往路帰京後すぐに都心で別演奏…という『慌ただしさ』。またその翌日も野外ライブがありましたが、ヘトヘトだったにもかかわらずその割に風邪一つ引かなかったのが不思議なくらい、ある意味タフな数日間でした^^;!インフルエンザが蔓延る時期ですが、クリスマス時期は逆に心身ともに鍛えさせられます…(苦笑)。

d0077319_20251724.jpg

クリスマスも明け、写真上は26日に行われたVo.HAKUちゃんのライブ@甲府・桜座での模様。こちらも明治時代頃の見世物小屋を活かして、桟敷席から舞台を見るという興味深い建物でのライブでした(「土間」的舞台はすごく寒かったけど…)。

d0077319_19524542.jpg
そして、一昨日29日James.K (Vo)さんのライブ@経堂のカフェ"Khitwaa"にて演奏納めしました。今年を締めくくってくれたピアノは、ドイツのピアノSchimmerのホワイトピアノ…はじめて触れさせてもらいました。近年倒産してしまったこの会社のピアノは現在生産停止らしく、日本でも珍しいのでは?と思います(一応wiki調べ)。


ざっと秋冬の活動を振り返りましたが、今年の総括を…。

年の前半はそれなりに忙しくしていたものの、どこか心境的に本調子でない感覚もありましたが、今夏の引越しを機に新たな方向に事が動き始めた気がします。しかも他ジャンルのプロフェッショナルな方や、国を超えた方々とも更に知り合えるようになりましたし、意外にもそれぞれの事柄に対応できている自分自身に驚き、かつ自信をつけられた一年でもありました。

来年は、このご縁に対して更に広がりと深さを感じながら、今までの活動(ソロやトリオなど)をうまくコネクトさせていけたらと思います。いや寧ろ、今までの形態に拘らず新たなピアノの展開が望めるのかも…と(既に具体的に何か決まっているわけではないですが)内心予感的に期待している、そんな年の暮れです。


ともあれ皆様、今年も一年本当にお世話になりました!
来年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

それでは、良いお年を^^!


小関基之

[PR]
# by mtyk2sk | 2014-12-31 00:28 | 日常

11月は秋田イベント、主宰ピアノスクールの発表会!

もう一週間もすれば11月…ホントに時が過ぎ去るのはあっという間ですね。


"月日は百代の過客にして〜"、と昔暗記させられた「奥の細道」の冒頭文が浮かんでくるほど(何だか歳取ったな…^^;)日々の移り変わりを感じきる間もなく、色々な場所や機会を行き交っている気がする今日この頃です(汗)。


d0077319_21515637.jpg


さて、来月9日(日)は秋田・さきがけホールにて、ダンサー島崇さんと私の共同演出・企画でお送りする朗読パフォーマンス『「私』の病める舞姫』が、前日8日(土)と2日間に渡って開催されるスペシャルイベント秋田版「病める舞姫」の中で上演されます。


先日の下北沢でのイベントで出演した島さん・ベースの澤田君、ピアノの私を軸に、今回はさらに秋田出身・現在住の一般応募参加者を交え、それぞれの記憶や体験を元に作った台本から朗読や踊りに発展させ、さらにそれに呼応した音楽も加わるといった舞台作品に仕上がります。


またこの作品は、所謂「舞台上の作品」ではなく、会場内に点在するパフォーマーたちをお客様が自由に回覧できる「展示式パフォーマンスとなります。ご期待ください!


※ このパフォーマンスについて、また一般応募パフォーマーについて等、詳しくは『「私」の病める舞姫』公式ホームページをご覧下さい。



11月9日(日)
秋田版「病める舞姫」上演実行委員会・慶應義塾大学アートセンター 主催
2014 秋 スペシャルイベント「病める舞姫」
朗読パフォーマンス『「私」の病める舞姫』

出演:島崇(演出・ダンス)小関基之(演出・キーボード)澤田将弘(ベース)
   秋田からの一般応募参加者

会場:秋田 さきがけホール(秋田魁新報社1F 秋田市山王臨海町1−1 TEL: 018-888-1929

開場:14:30 / 上演:15:00〜16:30

入場料:1,000円


d0077319_19471060.jpg
※ 因みに、前日8日は、川口隆夫さん・田辺友美さんの舞踏パフォーマンス"秋田版「病める舞姫」を踊る"や、『秋田版「病める舞姫」を秋田弁で朗読する』があり、2日間にわたりイベント・講演会・展示会など盛りだくさんのコンテンツです)

現在、国民文化祭に沸く秋田。舞踏関連のイベントも盛んですが、是非こちらも合わせてお越し下さい!

※ 尚、両日のイベントの打ち上げも兼ねて、9日(日)の夜から、秋田市・カフェブルージュにて私とBs.澤田君とのデュオライブを行います。昼間公演スタッフ等のみならず、こちらもお近くの方、ぜひお越しください!

d0077319_02230753.jpg

小関基之 DUO LIVE @ Cafe Brugge Akita

11/9 (日)
Start 19:00
Charge 3,500yen (1food & 1drink include)
出演 小関基之 (Pf) 澤田将弘 (Bs)



d0077319_19524192.jpg

そして、祝日の11月23日(日)には、拙宅ピアノ教室が毎秋に開催するピアノ発表会「大人のためのジャズピアノコンサート(Mature Jazz Piano Concert)2014 Vol.3」があります。


新しい生徒さんも加わり、回を重ねるごとに生徒さんの表現力も高まってきていると思います。是非この機会に、ご家族やご友人に加え、ジャズピアノに興味のある方もお越しいただけたらと思います!


コセキピアノスクール
「大人の為のジャズピアノコンサート2014」

日時 2014年11月23日(日・祝)
13:00 開場 13:30 開演
会場 沼袋・Organ Jazz 倶楽部(西武新宿線 沼袋駅 北口徒歩1分)
チャージ ¥2,000(add 1Drink)※チャージと共にドリンクのご注文をお願い致します

サポートメンバー:澤田将弘 (Bass) 佐藤"ステディ"徹 (Drum) from mot_trio

※コンサート最後には講師小関基之率いるジャズピアノトリオ”mot_trio”のデモンストレーション演奏があります。お楽しみに!!

[PR]
# by mtyk2sk | 2014-10-26 20:26 | スケジュール

最近の「コラボ」と、新ホームページのお知らせetc…

夏の投稿からあっという間に時間が過ぎました…^^;。

2週続けての台風も過ぎ去り、近所に咲いていた金木犀の匂いもすっかりなくなってしまい、少し寂しくなりながらも、秋は深まってきます。

先週末は、参加はもちろん自ら企画運営に携わったパフォーマンスイベント「血の宿題」@下北沢・Circusがありました。

お越し頂いた大勢のお客様、本当にありがとうございました。Thank you so much for coming "Homework of my Blood".


「血の宿題」…元々私の企画を元にして、あとから生まれたこのタイトル。血とはつまり「人の記憶」を意味していて、脈々と継がれているその「血」によって、個人的or社会的な様々な問題は、簡単には解決を見出せないのではないか?という疑問から生まれたものです。

そこで今回、共同で企画したイギリス人パフォーマー・ドミニクBBさんと舞踏ダンサー島崇さんのステージを軸に、熊澤段さん(アコーディオン・歌)と D Whom & the Bell Tollsさん(French Comedy)のパフォーマンスも加わり、記憶を辿る盛り沢山のラインナップでお送りしました。

またこの日は、ドミニクのイギリス帰国のフェアウェルパーティも兼ねていました。

d0077319_21075640.jpg
1st stage、ドミニクBBは自らの疑問(宿題)として「女性性」についてのパフォーマンスを、完全自作のパイプオルガンを操る音楽家・藤田陽介さんと共に繰り広げました(写真)。

2nd stageは、私とダンサー島さん、そしてmot_trioのベーシスト・澤田将弘君の3人。

d0077319_03222551.jpg
photo credit: Aleksandr Sasha Drozd

我々チームの「血の宿題」。それは「(記憶を)受け継いでいく事」「そこから新たな関係性を知る事」の重要性(どんなに「宿題」の中身に対する解決が見出されなくとも)。

音と振付それぞれのモチーフを3人でお互いに共有・反復していく所から、次第にその増幅したモチーフが混沌を向かえ、島さんの踊りがスパークする(小さい記憶たちが次第に大きな一つの出来事(新たな記憶)に変化する)様をお送りしました。※ 写真は振付を伝達し合う場面。この後、ピアノとベースを使って音の伝達に続きます。

このようなコラボの企画運営自体も自分にとって初の試みでしたが、とても勉強になったし、舞踏と音楽のインプロという「共有」行為自体がとても新鮮でした。

d0077319_21313836.jpg
最後に場所を提供してくれたCircusのマスターと、出演者(島さん澤田君は帰ってしまった後ですが)で記念撮影。

d0077319_21515637.jpg
これに留まらず、来月9日にはこの3人のチームで、舞踏の祖「土方巽」生誕の地・秋田で開催される関連イベントに赴きます。

朗読パフォーマンス『「私」の病める舞姫』(公式サイト)

土方の著書「病める舞姫」の自叙伝性に倣って、秋田の一般市民の方々と共に、それぞれの記憶や体験などを朗読や踊りによって表現してみようという実験パフォーマンスです。

秋田に在住の方、是非おこしください!

上演日時 2014年11月9日(日)開場 14:30 開演 15:00 (約90分)
料金 前売・当日共に¥1,000
会場 秋田・魁新報社 さきがけホール 

d0077319_21423045.png
そして、もう一つのお知らせは、私のホームページが新しくなりました。

新しいURLは…
になります。

付随して、コセキピアノスクール専用のブログも立ち上げました。

「コセキピアノスクール」ブログ

毎年秋に開催される当スクールのピアノ発表会についてや、レッスンについてのコラムも今後掲載する予定です。

来月23日に開催する発表会のお知らせもありますので、こちらもチェックして下さいね^^!

[PR]
# by mtyk2sk | 2014-10-14 22:06 | ミュージック

【備忘録的】目まぐるしかった8月、9月は…?(後編)

先日の前編に引き続き…

d0077319_03304491.jpg
先週末(8/29)はVo.堀信之さんのRECに参加しました。

今回は初めてPLEYELピアノ(かのショパンが愛用したブランドとして有名)でスタンダードを弾きましたが、音の感じが一見ジャズらしからぬと思いきや、実際アメリカ等のジャズ多産国以外の国で弾かれているジャズ系のCDだと、意外にこの手のサウンドを耳にします。

なかなか言葉にしつくせないのですが、私がこの音から思い出したのは、意外にもブラジルの歌手Marcia Maria"Colo de Rio"のバックで流れるコロコロとした感じが絶妙な音(今回私はここまで激しく弾いてはいませんが…汗)。d0077319_03305569.jpeg


9月はこれからも色々な場所で演奏します。


10日は中島心 (Fl)さんのライブ@横浜(関内馬車道)・KAMOME live matter。ほぼ隔月で出演させて頂いていますが、今回は曲想などちょっとしたイメチェンを図る予定です。ちなみにこの日は私の誕生日^^!

d0077319_03463558.jpg
そして16日(火)からの2日間は、約1年4ヶ月ぶりにナターシャ・グジーさんの鹿児島でのコンサートに参加させて頂きます(霧島・鹿児島公演)。


先日行なった久しぶりの再会リハは、お互いの昨年を音で振り返りつつ、本番当日は更に互いの演奏が昇華していくんじゃないかと期待させるものでした。


自分としては初めての鹿児島上陸でもあるので、今から楽しみです^^!


その他、毎月週末に演奏に行く箱根・HYATT RegencyやTb.大門陽子さんのライブ&セッション@大宮、レッスン等々に明け暮れます。


そして最近ではライブ・コンサートだけではなく、舞踏家やダンサー等パフォーマンスアーティストとのコラボにも着手しています。


10月には下北沢にて国内外アーティストとのパフォーマンスイベント、11月には10月の演目の本戦として、秋田での舞踏イベントに舞踏家の方と参加することになりました(詳細はまた後日お知らせします)。新たな分野へのチャレンジは判らない事がありつつも、とても刺激になります。

d0077319_04092394.jpg
何かとパタパタしていた夏でした。秋のピアノ発表会なども控え、これから年末までまだまだ気が抜けなさそうです…。


7月末に9歳の誕生日を向かえた愛猫Belleにも、なかなかゆっくり構ってあげれてなかったのですが、新居に落ち着いた後、漸く大好物「メロン(の汁)」をあげました^^。













引越先にも慣れてきたようです。
いつもありがとう^^!
d0077319_04113584.jpg

[PR]
# by mtyk2sk | 2014-09-05 03:25 | ミュージック

【備忘録的】目まぐるしかった8月、9月は…?(前編)

またまた久々の投稿です(汗)。
うだるような暑さもすっかり陰に潜め、秋雨降る今日この頃…。

あの暑さ・熱さと共に、8月の自分の動きはいつもと打って変わりかなりヒートアップしていたなぁと、漸く落ち着いて投稿出来る感じになりました^^;。

d0077319_15003331.jpg
何より第一の変化は、長年住んでいた練馬区を離れ、酷暑の中さらに西の街に引越をしました。


以前にも増して「水と緑の多い落ち着いた街」に越したいと前々から思っていましたが中々見つからず、諦めかけていた所に理想に近い楽器もペットもOKな「隠れ家的」住まいを見つけたのが6月中旬。


それからは善は急げとばかりにライブやレッスンの合間に、効率よく且つ安く引越が済ませられるようにと、手続きやらに追われて…あっという間に引越の期日。


そんな疲弊する日々の間にも色々とエポックなライブも沢山あり、疲れこそせよ、とても有意義な月となりました(写真は家の前に咲く花)。


d0077319_15051716.jpg

8月に入って早々、SAX.輿石バッキー智弘さんのサポートでライブ&セッション。私の元生徒さん(ご自身のライブも精力的に活動されています)も来て下さいました。ありがとうございました(左写真はその模様)!

引越が済んで間もなく、久々の共演となったBs. 木田浩卓君との河口湖カントリーコテージBan(B's Cafe)でのライブ。今回はサプライズゲストとして参加させて頂きました。

写真が無くて残念ですが、湖近くの高台の素敵なビレッジでした。全般あいにくの雨でしたが(雨男の祈りが効いたのか^^;?)演奏中はなぜか雨が止み、大勢の宿泊されているお客様が聴きに来てくれました。




d0077319_15325744.jpg

お盆中には毎月週末に行っている箱根HYATT Regency Resort & SpaにてBs. 三上さんとの初Duo(写真は演奏終了後、お客様の計らいで頂いたビールと共に)。


翌週には、これまた6年ぶりの共演となったVo. minoriちゃん、そしてL.A.を活動拠点にしているフルーティスト井上るみさんとも久々の再会&共演が出来ました(@中目黒・楽屋)。今回共演したPerc.長岡さん・Gt.中西さんとも知り合えて、これを縁にまたボサテイストのライブも増えていったらと思います^^。


d0077319_16103767.jpg
そして8/23.24の週末2days。昔の職場である浦安の某大型テーマパーク「鼠の海」で共演していた新旧ミュージシャンとダンサー達等が織りなすパフォーマンスイベント「YOU@GO」に今年1月に引き続き参加させて頂きました。


今回のイベントは、現在の日本が抱える環境問題等の深遠なテーマを内包しつつも、それを中和するかのような、エアリアル・ジャグリング・スティルト等の華麗さ・賑やかさと、NYから凱旋帰国したユニットの幻想的な物語「トルマリン」や2部でメンバーそれぞれが「動(生)→破壊→静(死)という輪廻」を繰り広げる舞台を、全て生演奏で盛り立てるといった「一粒で何通りも美味しい」イベントでした。舞台準備も演奏内容もそれこそ目紛しかったですが、とても充実した2日間でした。


d0077319_16160487.jpg
何より、今回の懐かしい面子との共演は、単なる「昔は…云々」といった、追憶だけでは終われない(社会へ向けてだったり、自分たちの芸事に対しての姿勢であったり)これからも対峙していかねばならない「次へのステップ」を感じさせてくれた事に、本当に心から感謝します。ありがとうございました。


疲れながらも、内心熱くとても良い刺激になりました^^。


後編(後日投稿)に続く…





[PR]
# by mtyk2sk | 2014-09-01 16:30 | ミュージック


ピアニスト小関基之のブログ ピアノと愛猫Belleとの日常


by mtyk2sk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

INFORMATION

マイウェブサイト


私のホームページです。音源試聴等はこちらで!
Jazz Pianist | 小関基之 Motoyuki Koseki オフィシャルサイト

主宰するジャズピアノ教室「コセキピアノスクール」のブログです
Koseki Piano School's Blog

ジャズ ポータルサイト - @jazz

コセキピアノスクール

ピアノ教室@navi

ブログパーツ

カテゴリ

全体
日常
スケジュール
ミュージック
CD
Belle
English
レッスン
その他
未分類

フォロー中のブログ

ブログ式建築&緩い日々
ヨネごはん
タダならぬ音楽三昧
ヒトは猫のペットである
スウェーデンの森・森のグレンタ
Rifftide:後藤 ...
ツジメシ。プロダクトデザ...

その他のジャンル

画像一覧